メニュー共通化テスト

トップページ > 学生寮・学生会館 初心者ガイド > 学生寮の選び方 > 入寮前に自前で準備するべき家具

入寮前に自前で準備するべき家具

最低限のセットはすでに準備完了

最低限のセットはすでに準備完了

学生寮のよいところは、衣食住に必要な最低限の家具は事前に全て揃っているということです。ベッドや暖房機器、冷蔵庫などの一人暮らしで固定で必要となる機器を購入しなくてよい、ということがあるため、経済的な負担を大きく減らすことができます。余計な負担を考えなくてもよい、ということを前提とするのであれば、家具の心配はあまりしなくてもよいことが学生寮の最大のメリットの一つです。 もちろん、それぞれで必要となる収納ボックスやハンガー、自分の部屋の個性を出すために必要なカーテンなどの使用はある程度可能ですので、そのあたりは事前に確認されることをお勧めします。できる限り余計な家具の購入費用をかけたくない、と考えている方には非常にお勧めですので、是非ご検討ください。また、寮にもいくつかのタイプの部屋があり、それぞれスペースもありますので欲しい家具が必ずしも収納できるとは限りません。事前に間取りなどを確認されておく事をお勧めします。

機能的な家具はご自分でご用意を

学生寮は生活に必要な最低限の家具はありますが、もし入居される方が学習に必要な照明や収納ボックスなどの機能的な家具を必要とされる場合はご購入をお勧めしています。その際は、部屋に入りきらないという事がないように、部屋の間取りや配置を考えると良いでしょう。そうすることで限られたスペースを自分らしく活用できますし、居心地の良い空間を作れます。居心地の良い空間は生活や学習にも影響しますので、是非ご検討ください。

家具を準備して学生寮に

学生寮によって、備え付けの家具の有無は異なります。ベッドや机などの必要な家具は完備されているケースが多いのですが、中には冷蔵庫や洗濯機などの家電製品は用意されていない場合もあります。そういった寮を選択した場合、予め家具を準備しておく必要があります。家具が用意されている寮の方がもちろん引っ越し費用は安く済みますが、中には備え付けの家具ではなく、自前の家具で住みたいという場合もあります。その場合には、家具が備えつけられていない学生寮を選択してみるのも良いでしょう。この場合、詳細は事前に確認し、備え付けの家具や家電などの二重購入がないように注意してください。

学生寮の雰囲気

学生寮の雰囲気は、そこに生活をする学生たちによって作り出されている部分が多分にあります。長い人生から見れば短い期間ですが、そこでの共通生活では、同じ学生によっても「合う、合わない」ということがあります。特に神経質である、人と話すのが苦手だ、という方の場合には学生寮に入居する前に一度、下見をお勧めします。
下見をすれば、基本的な部屋の作りや入居している学生たちの雰囲気をより具体的に知ることができます。そうすることで、実際に多くの学生寮の中から自分が過ごしやすい場所を選択する余裕や比較する一つの基本ベースを作り出せます。

家具の有無で寮を選ぶ

学生寮に入居する場合、料金システムや部屋の間取り、校舎との距離などの要点のチェックは欠かせませんが、生活するにあたり、家具の有無の確認も欠かせません。最低限生活出来る家具は完備されているケースが多いですが、普段からネット環境を必要としている方にはネットの接続を完備している学生寮を選ぶのもお勧めです。家具に関わらず、その他の生活環境で必要なもののチェックは、要点をしっかりと確認しておくとよいでしょう。