メニュー共通化テスト

トップページ > 学生寮・学生会館 初心者ガイド > 学生寮の選び方 > 失敗しない学生寮の選び方 チェックポイント5つ

失敗しない学生寮の選び方 チェックポイント5つ

気になる学生寮はすぐに決める

気になる学生寮はすぐに決める

条件のいい学生寮は当然人気があり、すぐに入居者が決まってしまうケースが多いため、気になる条件の学生寮があった場合にはできるだけ早い段階で手続きをする準備を行なう事が望ましいと言えます。学生寮の情報は進路が確定する段階か、もしくはそれよりも早い時期に幅広い学生寮の情報を集めて、どの学生寮が快適に学生生活を過ごせるのかという検討を重ねておく事がポイントです。特に、料金関連の部分は見落としがない様にチェックしておくと、のちのトラブル予防になります。

学生寮での共同生活に合う学生の性格

学生寮も、もちろん万能ではありません。性格的に「一人で過ごすのがいい」など、個人のプライベートの時間を大切にしたい、他人と同じ空間に長くいるのが苦手、という人には学生寮の生活は向いていないところがあるかも知れません。 逆に社交的で多くの人と賑やかに過ごすのが好きで、新しい環境にも積極的に馴染むことができる、という人には学生寮は向いている環境です。定期的なイベントや、寮生同士の交流も新しいきっかけを生むには十分な環境を持っているといえます。もし、何か学生生活で不安があれば寮生同士で助け合うこともできる状況ですので、そういった面も参考にしてみてください。

月額の家賃をリーズナブルに

よく、ワンルームマンションと学生寮が比較されますが、圧倒的に月額の費用が少なく済むのは学生寮です。仕送りの金額に限りがある以上、家賃にその大半が圧迫されてしまうのは本意ではないはずです。また、食事付きの学生寮は食費も費用に含まれていますが、一人暮らしで外食が続いた場合、大きな出費となります。 できる限り安く済ませるという観点を大切にするのであれば、学生寮がお勧めです。

学生寮の雰囲気

学生寮の雰囲気は、そこに生活をする学生たちによって作り出されている部分が多分にあります。長い人生から見れば短い期間ですが、そこでの生活では、「合う、合わない」ということがあります。特に神経質である、人と話すのが苦手だ、という方の場合には学生寮に入居する前に一度、下見をお勧めします。下見をすれば、基本的な部屋の作りや入居している学生たちの雰囲気をより具体的に知ることができます。

長期的なコストを計算

学生寮を選ぶときには、どの程度学生寮で生活するのか、長期的な費用を計算することで、仕送りなどの生活費用や学費なども含めて負担の総額を計算することができます。もちろん、初期に費用が発生する部分も多少ありますので、それも含めて学生寮を比較されるのをお勧めします。 基本的に学生寮は集団生活をすることで光熱費など固定費を抑えられているので、個人でワンルームマンションを借りると負担が大きくなることもあります。在学中、トータルでどの程度の費用がかかるのかを計算することで、学生寮のメリットや相互の比較をしやすくなりますので、ぜひその観点から検討してみてください。