2019.07.30

東京国立近代美術館

東京国立近代美術館

皇居のほど近くに建つ東京国立近代美術館(MOMAT)は、1952年に日本初の国立美術館としてオープンしました。
ピカソ、シャガール、ルソー、横山大観、高村光太郎などをはじめとする近代芸術家の作品が多く、重要文化財を含む充実のコレクションから選りすぐりの作品を展示しています。

本館では、13,000点から選ばれた約200点を展観する「MOMATコレクション」展を開催、日本の20世紀初頭から「いま」にいたる、日本画、洋画、版画、水彩、素描、彫刻、写真、映像などの多様なジャンルの作品を展示しています。

工芸館は、東京国立近代美術館の分館として、陶磁、ガラス、漆工、木工、竹工、染織、人形、金工、工業デザイン、グラフィック・デザインなど、近現代の工芸およびデザイン作品を展示紹介しています。その建物は、明治43年(1910年)3月に陸軍技師・田村鎮(やすし)氏の設計により建てられた近衛師団司令部庁舎を美術館仕様に改修したもので、建物自体も重要文化財に指定されています。

美術館は皇居の近くの緑豊かな地域にるため、お花見と紅葉の時期は特にオススメです。


■所在地
〒102-8322  千代田区北の丸公園3-1


■アクセス
-東京メトロ東西線「竹橋駅」 1b出口より徒歩3分
-東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下駅」 4番出口より徒歩15分
-半蔵門線・都営新宿線・三田線「神保町駅」 1A出口より徒歩15分


■営業時間
-10:00-17:00
-金曜日・土曜日は10:00-20:00
※企画展は、展覧会により金曜日・土曜日の閉館時間が異なる場合があります。
※いずれも入館は閉館30分前まで。


■休館日
月曜日(祝日または祝日の振替休日となる場合は開館し、翌日休館)、展示替期間、年末年始


■観覧料
【本館】
– 一 般 500円 / 5時から割引 300円
– 大学生 250円 / 5時から割引 150円
※入館の際に学生証をご提示ください
※美術館(本館)の所蔵作品展の料金で当日に限り、工芸館の所蔵作品展をご観覧いただけます。
 なお、工芸館では所蔵作品展が開催されていない期間もありますのでご了承ください。
※企画展の料金は通常の観覧料とは異なります。企画展の観覧料で、観覧当日に限り所蔵作品展もご覧いただけます。

【工芸館】
– 一般:250円
– 大学生:130円
※入館の際に学生証をご提示ください
※企画展の場合は異なります。各企画展の案内ページをご参照ください。なお、工芸館の企画展の料金で、美術館の所蔵作品展もご覧いただけます。

※2019年5月1日(水・祝)は、皇太子殿下が御即位されることを祝して、美術館・工芸館の展覧会が無料でご観覧頂けます。
※所蔵作品展(コレクション展)のみ、毎月第1日曜日、国際博物館の日(5月18日)、文化の日(11月3日)が無料となります(休館日にあたる場合を除く)

★キャンパスメンバーズ加盟校は、学生証を提示すれば無料で鑑賞することができます。
加盟校一覧