Square Saginomiya

2017.11.29

「インフルエンザ」と「季節型インフルエンザの違い」

「インフルエンザ」とは、インフルエンザウイルスが体内で増えて、熱やのどの痛みなどの症状を引き起こす感染症です。
ほとんどの方は、一度かかるとその原因となったウイルスに対して抵抗する力が高まるそうです。そのため、従来から流行している季節性インフルエンザに対しては、多くの人が免疫を持っています。

ところが「新型インフルエンザ」は、その前年までは一度も流行したことがないもので、新しいウイルスが原因、もしくは従来のウイルスの遺伝子が突然変異することによって発生するそうです。
季節性インフルエンザと大きく構造が異なるために、多くの人が免疫を持っていないために、容易に感染が拡大して、多くの人の健康や経済に大きな影響を与えることになります。

それに備えて日々の体調管理や予防接種をし、まずは自分自身が発症しない様に心がけましょう!!