Leaves 西永福

2018.01.29

インフルエンザと普通の風邪の違い

 一般的に、風邪は様々なウイルスによって起こりますが、普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりないそうです。
 一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。幼児ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることもあるそうです。

これから受験シーズンに突入します。受験生の方は健康管理をしっかり行い、万全の状態で試験に臨んで下さいね!