Leaves 西永福

2017.05.15

地域情報/大宮八幡宮

「Leaves西永福」から徒歩圏内にある、「大宮八幡宮」のご紹介です。

<大宮八幡宮の由緒と歴史>

第70代後冷泉天皇の天喜年中(1053-57)に、奥州の乱(前九年の役)が起き、この乱を鎮めようとの勅命をうけた鎮守府将軍・源頼義公の軍がこの大宮の地にさしかかると、大空には白雲が八条にたなびいて、あたかも源氏の白旗がひるがえるような光景となりました。

源頼義公は「これは八幡大神の御守護のしるしである」と喜ばれ、乱を鎮めた暁には必ずこの地に神社を構えることを誓って、武運を祈り出陣されました。そして奥州を平定して凱旋のおり、誓いの通り康平6年(1063)、京都の石清水八幡宮より御分霊をいただいて、ここに神社を建てました。これが大宮八幡宮の創建の縁起であります。

また、その子八幡太郎義家公も後三年の役のあと、父にならい当宮の社殿を修築し、境内に千本の若松の苗を植えたと伝えられています。

昭和44年には、旧境内地から弥生時代の遺跡が発掘され、この地は太古の昔から聖域であったことが判明しています。

大宮八幡宮は実際に東京の中心にあり、大東京の重心「東京のへそ」として、神々の記憶と数々の日本の歴史へと誘う胎内回帰の出来る神秘的な場所とされています。

http://www.ohmiya-hachimangu.or.jp

重心だからこそ、パワーが集まるとも言えますね、散歩をかねて是非立ち寄ってみてください。