Tokyo Dormitory 東小金井 Ⅱ

2017.07.10

熱中症に気をつけましょう

7月に入り、連日30度を超える暑さが続いております。また夜になっても25度以上を超える熱帯夜になっています。熱中症は、夏の炎天下での激しい運動や作業をするときだけでなく、夜間や室内で過ごしているときにも発症することがあるそうです。室内に居る時でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分や塩分などを補給してください。また、電気代の事も考えてしまいますが、暑くなってしまった部屋に1番効果があるのは、やはりエアコンになります。予防のためにもエアコンを上手に活用しましょう。